警察病院の看護師の採用基準は?

警察病院の看護師転職TOP >> FAQ >> 警察病院の看護師の採用基準は?

警察病院の看護師の採用基準は?

警察病院で働く看護師は、業務内容の上では通常の看護師と大差ありません。そのため、知識や実務経験といった要素について高い採用基準は設定されていません。一般の病院で知識や経験を得ていれば、スキル面で応募の資格は満たしていることになります。採用の基準はそういったスキル面以上に、人間性や内面の資質が求められています。高い倫理観や規律を守る道徳観といったものを備えていることが望まれているのです。先述したように、業務としては他の総合病院などに勤務している看護師と基本的に変わりませんが、患者の方々や周囲からは「警察病院で働く看護師」として期待の目が向けられるため、その期待に応えられるような内面性を重視しているのです。

一般の方々の中には、警察病院で勤務する看護師を警察の関係者と思っていらっしゃる場合もあります。「警察」という名称がついているために、来院された患者の方から防犯や、最近で言うと詐欺についてなど医療に関する事ではなく、警察にするべき相談事を受けることも起こり得ます。警察病院が看護師に求める内面性とは、そういった誤解が生じている場合でも、相手の方の身になって対応できるようなことを指します。そうすることで患者の心理から不安が取り除かれ、結果として心身の健康にもつながるという判断ができます。看護師として働いたことのある方であれば、「慈愛の精神」といった言葉を意識した事があるはずですが、警察病院ではその精神をより高いレベルで追及しているといえます。

警察病院が重要視している慈愛の精神は、患者に対する看護師の具体的な措置にも表れています。例えば、病棟看護師の配置基準を最高レベルの7対1として、患者に対してよりきめ細かな看護を提供できる体制を作っています。また、警察病院を頼りにして来院する患者の方々に最高の医療を提供できるよう、日ごろから研修や教育制度の実施を通して看護師の育成に力を注いでいます。それから、最近では夜勤の発生頻度を下げる勤務体制が各警察病院で行われています。これは看護師の肉体面、精神面の負担を軽減することで業務に対する能力をより発揮し、患者の対応に関するサービスレベルをより向上させよう、という考えに基づいています。

このように、警察病院が設定する採用の基準には、個人の人間性に重きが置かれています。「警察病院で働く看護師」として患者やそのご家族、地域の住民などからの期待に応えられる資質を持った方が求められているのです。

警察病院の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 警察病院看護師求人ナビ【※人気の職場で働こう!】 All Rights Reserved.